重要なお知らせ

新型コロナウイルスの感染対策について

新型コロナウイルスの対策について

国内で新型コロナウイルスに関連した患者が発生していることを踏まえて、感染の可能性のある患者さんが当院の受診を希望される場合は、来院前に代表電話番号(047-345-1111)へご連絡をお願いしております。
発熱、咳・呼吸困難のある方はPDFをご確認ください。
当院では感染症専門医、認定感染管理看護師が常勤で在籍しており、ICT(感染管理チーム)の指導管理のもと感染防止の対策として従来より施行していることでありますが始業前に体温測定を義務付け、体調不良の職員は業務より外し自宅待機としています。
原則として食事の時以外は職員全員マスクを着用、随時アルコール手指消毒を行う、エレベーターボタン等も定期的な消毒清掃に努めるなど、厳重な院内感染対策を行っております。
患者さんやご家族の方、面会者の方等の安全管理に努めております。

新型コロナウイルスの検査・治療について

当院では新型コロナウイルスの治療を実施することができません。また、患者さんの希望による新型コロナウイルスのPCR検査はできません。
新型コロナウイルス感染症に関しましては、受診や心配な方はこちらへお問い合わせください。

面会禁止について

当院では院内感染の防止のため当面の間、入院患者さんへの面会を禁止とさせていただきます。
面会を再開する場合は、改めてご案内いたします。
ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。
※病院側から来院をお願いした方以外の面会は禁止とさせていただきます。

受診時について

当院では院内感染の防止のため、来院される全ての患者さんならびに来院者の皆さんに対し、正面入口にて検温・簡易問診を実施しております。37.5度以上の発熱、4日間以上続く咳・倦怠感等の症状がある場合はスタッフの指示に従ってください。 混雑状況ではお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。 また、受診時はマスクの着用と、手の消毒をお願いしております。 マスクはご持参お願いいたします。マスクがない場合は、ハンカチやタオルなどで口を覆ってください。
詳しくはPDFをご確認ください。
コロナウイルス対策として、マスク非着用での受診はご遠慮願います。

味覚・嗅覚異常の症状がある方へ

急な味覚、嗅覚の異常に対する診療はできません。「あじ」や「におい」の異常を感じてから2週間は受診を控え、自宅待機をお願いします。
他の症状(37.5℃以上の発熱、咳、倦怠感が4日以上続くなど)があれば、こちらへご連絡ください。
味覚障害・嗅覚障害に対しての治療は急ぐ必要はありません。まずは何も薬を使わないで様子を見ましょう。自然に治ることが多いです。発熱や咳などほかの症状がなく、症状が2週間以上経過しても変わらない場合はお問い合わせください。 詳しくは、日本耳鼻咽喉科学会のHP(嗅覚・味覚障害と新型コロナウイルス感染症について―耳鼻咽喉科からのお知らせとお願い―)をご覧ください。

日本耳鼻咽喉科学会HP

取引業者、委託業者へ

厚生労働省の通達に基づき当面の間、院内への立ち入りをこちらの内容で制限させていただきます。
状況よっては、立ち入り制限期間を延長する可能性がございますのでご了承ください。
ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。