重要なお知らせ

手術支援ロボット「センハンス」導入決定

昨年より導入した手術支援ロボット「ダビンチ」に続き、新たに「センハンス・デジタル・ラパロスコピー・システム」の導入を決定しました。
「センハンス」は腹腔鏡下手術のデジタル化と「ダビンチ」にはない触覚を持つのが特徴です。
手術器具が臓器に触れていると、先端のセンサーがその圧力を感じ取り、臓器の硬さや糸の引っ張り具合などが術者の手元に伝わります。そのため、臓器損傷のリスク軽減など、より安全な手術を行うことができます。
センハンス画像

また、「ダビンチ」は保険適用となる手術が限られていますが、「センハンス」は保険上これまでの腹腔鏡下手術と同様の扱いとなるため、全ての手術が保険適用となります。

当院への導入は12月中旬を予定しております。

アセンサス・サージカル社が新松戸中央総合病院へのセンハンス導入を発表(プレスリリースより抜粋)

11月1日、アメリカの医療機器メーカー「アセンサス・サージカル社」が新松戸中央総合病院へのセンハンス導入を発表しました。アセンサス・サージカル社の最高責任者アンソニー・フェルナンド氏は「腹腔鏡手術とロボット手術において豊富な経験を持つ新松戸中央総合病院でのセンハンス導入に期待している」と話し、松尾亮太院長は「我々のロボット手術治療にセンハンスが加わることを楽しみにしている。この革命的なシステムを利用することで、患者さんにハイレベルな医療を提供するとともに、当院の外科医の技術向上につながることを期待している」と述べました。
なお、新松戸中央総合病院は日本で7番目にセンハンスが導入される医療機関になります。

アセンサスプレスリリース