重要なお知らせ

病院指標(令和2年度)

病院指標の公開

DPCデータを基に、全国統一の抽出方法で数値化し、医療の質を客観的にしたものです。
当院の特徴を理解していただくために、情報公開を行っています。

DPCデータとは

全国のDPC病院が、全国統一の形式で厚生労働省に提出しているデータです。
傷病名、診療内容、在院日数など様々なデータが含まれます。
※自費、自賠責、労災、24時間以内死亡患者さんのデータは含まれません。

DPCとは

診断と治療の組み合わせで決まる定額入院料から計算する包括方式です。

DPC14桁コード(診断群分類)とは

入院で医療資源を最も投入した傷病名と、手術や処置などの治療内容を組み合わせたデータを、
番号化することで分類を可能にしたものです。

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

※表は横にスクロールします。

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 33 68 119 129 336 619 906 1944 1574 490

令和2年度 年齢階級別退院患者数

【指標の説明】
令和2年度に退院された患者さんの人数を10歳刻みに集計致しました。
年齢は入院時の年齢で集計しており、全退院患者数は6,218人(月平均518人)となっております。

【解説】
当院は東葛北部の基幹病院として、地域の皆さんに、高度で安全な医療の提供を行っております。
様々な年代の方が受診され、地域の高齢化を反映する、60歳以上の患者さんの占める割合は約7割になり、
症状が比較的重症になりやすい高齢者の入院が多い事がわかります。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

外科

※表は横にスクロールします。

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x00x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 114 10.74 10.83 1.75 71.04
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 79 5.89 4.86 0 72.35
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 71 7.89 7.23 4.23 65.73
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 53 6.42 10.08 1.89 35.42
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 41 5.05 5.44 0 41.61
消化器関連において、消化器癌、ヘルニア、胆石症、痔核、腹部救急疾患など各分野の専門医によって質の高い医療を提供しています。
手術治療では、低侵襲をテーマに傷が小さく、痛みが少なく、社会復帰が早くなるように工夫を行っています。
特にハイレベルな鏡視下手術を提供しており、内視鏡外科技術認定医の資格保持者は3名在籍しております。
また、呼吸器関連においても、患者さんの体への負担が少なくなるよう低侵襲手術を行っており、肺移植を除く、おおよそ全ての手術・処置が実施可能です。

DPCコードに対する詳細病名は以下のとおりです。
040040 肺の悪性腫瘍
060160 鼠径ヘルニア
060335 胆嚢炎等
040200 気胸
060150 虫垂炎

眼科

※表は横にスクロールします。

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 92 2.00 2.76 0 74.92
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 79 3.11 4.95 0 78.85
主に白内障手術の症例が多く、短期間の入院で患者さんの負担の軽減に努めております。

DPCコードに対する詳細病名は以下のとおりです。
020110 白内障、水晶体の疾患

形成外科

※表は横にスクロールします。

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 10 2.00 3.07 0 72.4
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし
最も症例数の多い眼瞼下垂症は、1泊2日入院で手術を行っており、
患者さんの負担を軽減に努めております。

DPCコードに対する詳細病名は以下のとおりです。
020230 眼瞼下垂
080007 皮膚の良性新生物
160200 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。)
080006 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)
080010 膿皮症

血液内科

※表は横にスクロールします。

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2-2あり 43 43.14 38.35 2.33 68.42
130030xx99x4xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2-4あり 26 11.96 11.14 0 78.04
130030xx97x50x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2-5あり 副傷病なし 19 39.47 31.90 5.26 72.68
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2-3あり 18 26.50 30.79 0 67.72
130030xx99x5xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2-5あり 14 32.29 20.27 0 72.14
貧血や、各種造血器疾患に対して免疫療法、化学療法、分子標的療法などを施行しております。

DPCコードに対する詳細病名は以下のとおりです。
130010 急性白血病
130030 非ホジキンリンパ腫

呼吸器内科

※表は横にスクロールします。

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 36 4.58 3.39 2.78 71.67
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 29 19.07 18.61 0 78.21
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 15 11.40 13.30 26.67 72.47
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 13 8.69 9.42 0 73.46
040150xx99x0xx 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術なし 手術・処置等2なし 11 28.73 22.63 36.36 70.09
間質性肺炎や、肺癌関連の症例を多く治療しております。

DPCコードに対する詳細病名は以下のとおりです。
040040 肺の悪性腫瘍
040110 間質性肺炎
040150 肺・縦隔の感染、膿瘍形成

循環器内科

※表は横にスクロールします。

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 67 2.00 2.04 0 54.45
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 47 29.30 17.23 8.51 84.45
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 39 3.23 3.07 0 72.56
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 20 7.20 4.44 5 72.35
050130xx9910xx 心不全 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 14 26.21 14.70 7.14 64.43
心不全に対する服薬コントロールから心臓カテーテル検査や緊急心臓カテーテル治療など幅広い診療を行っております。

DPCコードに対する詳細病名は以下のとおりです。
030250 睡眠時無呼吸
050130 狭心症、慢性虚血性心疾患
050050 心不全

消化器肝臓科

※表は横にスクロールします。

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 94 10.23 9.53 3.19 72.86
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 58 9.64 10.70 0 75.09
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 41 19.88 13.95 4.88 61.39
060140xx97x0xx 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 32 11.22 10.83 6.25 71.5
060050xx031xxx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1あり 31 10.65 14.45 0 72.97
消化管(食道・胃・大腸)から、肝臓・胆道・膵臓まで、幅広く治療を行っております。
消化器がんの抗がん剤治療も手厚く実施しており、肝癌治療においては、千葉県有数の施設であり、
動脈塞栓術やラジオ波焼却術など多数行っております。
胆道や膵疾患においても、内視鏡(超音波内視鏡を含む)を用いた低侵襲な治療を積極的に実施しております。

DPCコードに対する詳細病名は以下のとおりです。
060340 胆管(肝内外)結石、胆管炎
060050 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
060280 アルコール性肝障害
060140 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの)

心臓血管外科

※表は横にスクロールします。

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 41 1.95 2.74 0 68.80
050163xx03x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2-1あり 32 13.63 15.88 6.25 78.69
050050xx0111xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1-1,2あり 手術・処置等2-1あり 22 25.77 27.51 4.55 69.82
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等2-1あり 17 19.88 22.22 0 74.18
050161xx97x1xx 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2-1あり 11 35.36 29.23 36.36 72.18
手術治療(緊急も含む)を積極的に行っており、上位5疾患とも全て手術症例となっております。

DPCコードに対する詳細病名は以下のとおりです。
050180 静脈・リンパ管疾患
050163 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤
050050 狭心症、慢性虚血性心疾患
050161 解離性大動脈瘤

腎臓内科

※表は横にスクロールします。

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 130 10.17 11.04 3.08 61.96
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2-1あり 34 32.68 33.50 2.94 65.09
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 28 12.39 17.23 7.14 75.11
110290xx99x0xx 急性腎不全 手術なし 手術・処置等2なし 22 17.27 14.03 9.09 80.64
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 18 28.94 20.56 5.56 60.67
当科では血液浄化センターとして、慢性腎臓病・急性腎障害 に対する血液透析療法を中心に、
炎症性腸疾患、難治性ネフローゼ症候群、肝臓疾患や血液疾患に対する血漿交換療法、膠原病や神経疾患(ギランバレー症候群など)に対する免疫吸着療法などの血液浄化療法(アフェレシス)を行っております。また腹膜透析療法も積極的に行っております。
救急救命医療としては、敗血症性ショックに対するエンドトキシン吸着療法を多く施行し、約70%の救命率を誇り、
研究面でも日本を代表する施設として国内外から高い評価をいただいております。

DPCコードに対する詳細病名は以下のとおりです。
110280 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全
050130 心不全
110290 急性腎不全
110260 ネフローゼ症候群

整形外科

※表は横にスクロールします。

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 124 29.29 25.09 63.71 83.02
160720xx01xxxx 肩関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 16 12.94 15.03 18.75 68.25
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 16 3.50 5.18 0 63.44
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 10 17.90 18.81 60.00 82.80
160850xx01xxxx 足関節・足部の骨折・脱臼 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他等
高齢者の骨折による手術症例が多く、リハビリ科と連携のもと早期社会復帰を目指し治療を行っております。
症例別では、主に股関節、大腿近位の骨折の症例を多く受け入れております。
また、リハビリ病院へ転院のケースが多いので全体的に転院率は高めです。

DPCコードに対する詳細病名は以下のとおりです。
160800 股関節・大腿近位の骨折
160720 肩関節周辺の骨折・脱臼
160760 前腕の骨折
160690 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)
160850 足関節・足部の骨折・脱臼

総合診療科

※表は横にスクロールします。

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 136 29.47 20.51 22.79 85.82
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 76 18.63 13.00 13.16 84.45
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 45 20.07 17.23 15.56 84.53
040081xx97x0xx 誤嚥性肺炎 手術あり 手術・処置等2なし 20 55.15 36.73 50.00 81.10
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 19 25.42 12.87 15.79 80.68
総合診療科として様々な疾患に対応しております。
上位3症例には、誤嚥性肺炎、尿路感染、心不全があり、
その中でも誤嚥性肺炎の治療を最も多く行っております。

DPCコードに対する詳細病名は以下のとおりです。
040081 誤嚥性肺炎
110310 腎臓又は尿路の感染症
050130 心不全
080010 膿皮症

内科

※表は横にスクロールします。

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2-1あり 48 12.58 14.60 2.08 65.29
10007xxxxxx0xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2なし 25 10.08 11.26 0 60.92
10006xxxxxx1xx 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2-1あり
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし
100140xx99x00x 甲状腺機能亢進症 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
上記指標は、糖尿病や内分泌代謝を診る内科になります。
糖尿病患者の治療全般を多職種カンファレンスを通じて、チームで治療しております。
また、糖尿病教育入院を行っており、血糖管理に難渋する患者さんを多数受け入れております。

DPCコードに対する詳細病名は以下のとおりです。
10007x 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)
10006x 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)
100040 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡
100140 甲状腺機能亢進症

脳神経外科

※表は横にスクロールします。

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 17.24 9.68 18.92 80.00
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 34 17.29 15.64 29.41 72.18
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 22.59 18.86 55.56 69.00
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 16.19 8.18 22.22 77.04
010070xx02x0xx 脳血管障害 経皮的頸動脈ステント留置術 手術・処置等2なし 12 11.33 9.33 8.33 79.08
脳血管障害や頭部外傷を中心に脳疾患全般を診療しており、
症状に応じて手術治療、保存的治療を選択し、治療を行っております。

DPCコードに対する詳細病名は以下のとおりです。
160100 頭蓋・頭蓋内損傷
010060 脳梗塞
010040 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)
010070 脳血管障害

泌尿器科

※表は横にスクロールします。

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200xx99xxxx 前立腺肥大症等 手術なし 65 2.02 6.38 0 70.26
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 47 3.23 2.54 0 72.83
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 副傷病なし 47 11.19 5.67 17.02 62.94
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2なし 41 11.05 7.13 0 75.66
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 副傷病なし 12 4.25 4.13 8.33 68.42
主に膀胱癌、尿管結石の手術を多く行っております。

DPCコードに対する詳細病名は以下のとおりです。
110200 前立腺肥大症等
110080 前立腺の悪性腫瘍
11012x 上部尿路疾患
110070 膀胱腫瘍
110420 水腎症等

皮膚科

※表は横にスクロールします。

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 30 7.97 9.12 0 67.10
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 28 11.50 12.87 0 66.61
080190xxxxxxxx 脱毛症 12 3.17 3.38 0 37.75
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術・処置等1なし
070560xx99x70x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2-7あり 副傷病なし
主に蜂窩織炎(蜂巣炎)や帯状疱疹の症例を多く治療しております。

DPCコードに対する詳細病名は以下のとおりです。
080020 帯状疱疹
080010 膿皮症
080190 脱毛症
080100 薬疹、中毒疹
070560 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

※表は横にスクロールします。

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 28 25 18 21 14 5 1 8
大腸癌 10 27 23 52 22 29 1 8
乳癌 14 21 5 3 7 0 1 8
肺癌 65 14 19 89 10 21 1 8
肝癌 15 19 39 15 10 36 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【指標の説明】
5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの症例を、
初発時の病期分類別【癌取扱い規約に準ずる】、および再発に分けて集計しております。
また、複数回入院された患者さんはそれぞれ集計をしております。

病期分類とは
①がん(原発巣)の大きさと進行具合(進展度)
②所属リンパ節への転移状況
③遠隔転移の有無
上記3つのカテゴリによって、各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の4病期(ステージ)に分類するものです。

がんの症例数を見ることで、病院がどの程度がん治療に積極的に治療をしているかを知ることができます。
また病期分類別にみることによって、その病院の診療の幅広さを知ることができます。

【解説】
当院は千葉県がん診療連携協力病院として、5つのがんに対する治療を積極的に幅広く治療しております。
(10件未満の症例数は-で表示しております)

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

※表は横にスクロールします。

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 4 6.50 57.50
中等症 12 24.17 81.58
重症 28 23.54 82.00
超重症 6 28.50 80.67
不明
【指標の説明】
市中肺炎とは、普段の生活の中でかかる肺炎であり、
市中肺炎ガイドラインによる重症度分類(A-DROPシステム)を用いて集計しております。
この指標では新型コロナウイルスによる肺炎、インフルエンザウイルスなどのウイルスによる肺炎、誤嚥性肺炎は集計対象外です。

<参考>A-DROP
A: 男性70歳以上、女性75歳以上
D: BUN 21dL以上または脱水あり
R: 酸素飽和度90%以下
O: 意識障害
P: 収縮期血圧90mmHg以下

【解説】
当院では、重症の患者数が最も多く、全体の6割を占めております。
また、平均年齢が上がるほど重症化し、平均在院日数が長期化することを表しております。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

※表は横にスクロールします。

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 153 23.18 75.78 31.72
その他 33 18.03 74.58 3.76
【指標の説明】
この指標では発症日の違い(急性、慢性)による脳梗塞の転院率、入院期間の違いを示しております。
転院率は退院先が自宅、老健施設以外の患者さんの割合です。

【解説】
当院では、発症3日目以内の急性期脳梗塞の患者さんが全体の約8割を占めており、急性期治療が行われております。
また、当院は超急性期症例におけるt-PA治療にも対応しております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

消化器肝臓科

※表は横にスクロールします。

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 92 1.25 12.89 3.26 76.13
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 73 1.38 8.60 1.37 74.01
K654 内視鏡的消化管止血術 57 1.12 14.77 7.02 70.26
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 25 4.08 3.12 0 73.24
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍胃粘膜) 24 0.08 8.04 0 75.50
内視鏡診断や治療を積極的に行い、手術も内視鏡的なものが上位を占めております。
また、肝細胞癌に対しては、血管塞栓術やラジオ波凝固術の治療を多数行っております。

循環器内科

※表は横にスクロールします。

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 17 1.47 5.18 5.88 71.82
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 13 0.15 16.23 7.69 67.69
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 13 8.69 13.92 7.69 80.08
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 12 1.33 9.00 0 75.50
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 11 1.55 2.82 0 63.09
虚血性心疾患に対してのステント留置術が上位を占めており、
緊急でのカテーテル検査・カテーテル治療にも対応しております。

外科

※表は横にスクロールします。

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 131 1.50 6.36 6.87 64.55
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 55 1.62 3.95 1.82 36.16
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 48 3.46 6.08 2.08 68.56
K6335 鼠径ヘルニア手術 45 1.76 3.22 0 66.33
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 41 0.46 3.59 0 41.61
内視鏡外科技術認定医の資格保持者が中心となり、ほぼすべての術式で腹腔鏡・胸腔鏡が導入されております。
進行度により内視鏡治療、開腹・開胸手術までのすべての領域を網羅しており、患者さんの希望にできるだけ沿えるよう、
様々な工夫のもと低侵襲手術が実施されております。

整形外科

※表は横にスクロールします。

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 100 2.56 22.35 52.00 79.06
K0811 人工骨頭挿入術(股) 47 3.34 24.60 68.09 83.11
K0462 骨折観血的手術(前腕) 20 2.20 11.00 5.00 61.30
K0732 関節内骨折観血的手術(手) 12 2.42 6.25 0 64.33
K0463 骨折観血的手術(膝蓋骨)
主に股関節・大腿近位の骨折に対して、手術症例を多く行っております。

脳神経外科

※表は横にスクロールします。

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 33 0.61 20.73 24.24 79.76
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 18 4.94 10.22 22.22 78.50
K1781 脳血管内手術(1箇所) 12 1.25 10.92 8.33 66.25
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 10 3.10 25.80 50.00 63.80
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内)
慢性硬膜下血腫洗浄・除去術は平均術前日数1日未満で行われており、
その他にも脳動脈瘤に対するクリッピング術や脳血管内手術を行っております。

心臓血管外科

※表は横にスクロールします。

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 37 0.00 0.95 0 68.92
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 31 6.00 17.87 6.45 70.87
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回) 29 0.10 0.17 3.45 68.31
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 22 2.77 8.41 4.55 73.95
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 14 9.93 28.29 14.29 72.07
冠動脈疾患、心臓弁膜症、胸部腹部大動脈瘤、末梢血管疾患を含むすべての手術に対応しております。
冠動脈バイパス手術では、全症例の99%でオフポンプを実施しております。
心臓弁膜症は、胸骨正中切開をせず、手術創の小さいMICS(低侵襲心臓手術)も可能です。
また胸部腹部大動脈瘤は開胸、開腹手術に比べ侵襲度が低いステントグラフト治療にも積極的に取り組んでおります。

眼科

※表は横にスクロールします。

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 168 0.00 1.52 0 76.77
K279 硝子体切除術
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない)
白内障に対する水晶体再建術が最も多く、患者負担を減らし、患者さんを第一にきめ細かい診療を提供しております。

泌尿器科

※表は横にスクロールします。

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 46 2.46 7.54 15.22 63.22
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 39 1.54 8.46 0 75.72
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 19 1.79 3.89 15.79 69.05
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除・蒸散術(ホルミウムレーザー等使用) 10 5.70 15.50 0 78.80
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術
経尿道的手術を多く実施しています。
また、HoLEPを用いたレーザーによる前立腺切除術も行っております。

腎臓内科

※表は横にスクロールします。

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純) 58 6.05 22.72 3.45 67.36
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回) 25 0.72 1.16 0 69.28
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 13 24.23 35.38 7.69 62.23
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法
K616-42 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(1の実施後3月以内に実施)
血液浄化療法に関連する手術が上位となっており、他科と連携して手術治療を行っております。
また、腎不全に移行した患者さんに対して、重篤な状態に陥る前に血液浄化療法を行い、
社会復帰が早期に可能になるよう努めております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

※表は横にスクロールします。

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 6 0.10
異なる 15 0.24
180010 敗血症 同一 25 0.40
異なる 46 0.74
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 139 2.24
異なる 9 0.14
【指標の説明】
当院では、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い治療を行っております。
上記の指標は、医療の質向上の為に、臨床上ゼロとはなりえませんが、
少しでも改善すべきものとして定義される傷病名の症例数及び発生率になります。
入院のきっかけとなった病名を「入院契機病名」といいます。
入院契機病名と、入院中に最も医療資源を投入した病名が同じ場合を「同一」とします。
上記傷病名について、それぞれの症例数を、全退院数の6,218で割った値が、発生率になっております。

更新履歴

病院情報