重要なお知らせ

病院指標(令和元年度)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 58 66 144 179 394 597 1087 2328 1762 431
【指標の説明】
令和元年度に退院された患者さんの人数を10歳刻みに集計致しました。
年齢は入院時の年齢で集計しており、全退院患者数は7,046人(月平均587人)となっております。
 
【解説】
当院は東葛北部の基幹病院として、地域の皆さんに、高度で安全な医療の提供を行っております。
様々な年代の方が受診され、地域の高齢化を反映する、60歳以上の患者さんの占める割合は7割を超えており、
症状が比較的重症になりやすい高齢者の入院が多い事がわかります。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 85歳未満 31 10.61 14.10 0.00% 63.32
100071xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 85歳未満 13 10.85 11.51 0.00% 54.62
100061xx99x100 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 85歳未満 10.00 14.25 0.00% 59.75
100061xx99x000 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 85歳未満 11.50 11.26 0.00% 70.00
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 85歳未満 14.00 13.72 0.00% 67.50
【解説】
上記指標は、糖尿病や内分泌代謝を診る内科になります。
糖尿病患者の治療全般を多職種カンファレンスを通じて、チームで治療しております。
また、糖尿病教育入院を行っており、血糖管理に難渋する患者さんを多数受け入れております。

消化器肝臓科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 77 12.39 9.79 5.19% 77.71
060050xx97x01x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病あり 53 9.70 16.65 0.00% 69.51
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 45 9.04 8.27 2.22% 73.56
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 13.29 11.64 0.00% 74.62
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 41 6.78 7.65 2.44% 68.02
【解説】
食道がん、胃がん、大腸がんなどの内視鏡診断や治療を多数行っております。
癌に対する化学療法も積極的に行っており、肝癌に対しては血管塞栓術やラジオ波凝固術も多数行っております。

循環器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 86 2.00 2.03 0.00% 58.22
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 73 28.49 17.71 8.22% 80.33
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 55 2.75 3.01 0.00% 67.67
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 4.39 4.40 0.00% 70.79
050130xx9910xx 心不全 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 15 10.93 15.15 0.00% 70.80
【解説】
心不全に対する服薬コントロールから心臓カテーテル検査や緊急心臓カテーテル治療など幅広い診療を行っております。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 4.84 6.64 5.26% 5.37
100335xx99x00x 代謝障害(その他) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 4.75 9.88 0.00% 2.75
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 3.40 5.39 0.00% 3.20
100210xxxxxxxx 低血糖症 2.75 6.83 0.00% 4.00
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 7.50 5.69 0.00% 1.00
【解説】
主に喘息の症例を多く受け入れております。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 121 4.74 4.85 0.00% 70.64
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 90 10.64 11.51 3.33% 71.28
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 62 8.11 7.13 3.23% 65.37
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 57 6.02 10.18 0.00% 35.95
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 54 4.96 5.45 0.00% 38.11
【解説】
内視鏡外科技術認定医の資格保持者が中心となり、患者さんにとって負担の少ない外科治療を行っております。
また、肺疾患の手術にも胸腔鏡を用いて患者さんにとって負担の少ない外科治療を行っております。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 89 24.01 25.94 64.04% 83.61
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 23 13.78 19.40 43.48% 78.35
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 13 3.62 5.54 0.00% 60.31
160800xx99xx0x 股関節・大腿近位の骨折 手術なし 副傷病なし 8 13.00 14.43 62.50% 85.00
160820xx01xxxx 膝関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他等 7 14.29 19.72 14.29% 69.14
【解説】
高齢者の骨折による手術症例が多く、リハビリ科と連携のもと早期社会復帰を目指し治療を行っております。
症例別では、主に股関節、大腿近位の骨折の症例を多く受け入れております。
また、リハビリ病院へ転院のケースが多いので全体的に転院率は高めです。

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 22 2.00 3.10 0.00% 74.64
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 3.88 4.01 0.00% 57.88
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 2.00 3.27 0.00% 80.00
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 3.00 5.26 0.00% 32.71
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 3.00 7.90 0.00% 73.33
【解説】
最も症例数の多い眼瞼下垂症は、1泊2日入院で手術を行っており、
患者さんの負担を軽減に努めております。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 34 14.21 9.67 14.71% 78.88
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 29 15.69 16.13 17.24% 71.83
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 19.26 7.34 7.41% 75.30
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 23.74 18.81 26.32% 63.11
010060×2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 3、4又は5 23.75 19.66 62.50% 80.13
【解説】
脳血管障害や頭部外傷を中心に脳疾患全般を診療しており、
症状に応じて手術治療、保存的治療を選択し、治療を行っております。

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 58 1.93 2.78 0.00% 66.62
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等2-1あり 31 20.35 22.71 3.23% 68.90
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 26 14.27 15.67 7.69% 76.27
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 14 31.43 27.88 28.57% 73.00
050050xx0111xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1-1,2あり 手術・処置等2-1あり 13 33.08 27.97 38.46% 73.85
【解説】
手術治療(緊急も含む)を積極的に行っており、上位5疾患とも全て手術症例となっております。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 158 2.97 5.09 0.00% 77.72
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 98 2.04 2.78 0.00% 74.03
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 8.50 6.71 0.00% 62.33
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 7.00 5.95 0.00% 74.33
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし 片眼 7.00 7.29 0.00% 68.00
【解説】
主に白内障手術の症例が多く、短期間の入院で患者さんの負担の軽減に努めております。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 38 11.95 12.55 2.63% 65.53
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 25 7.48 9.00 0.00% 67.12
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 2.00 4.01 0.00% 57.22
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 3.00 7.90 0.00% 80.67
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 2.00 6.39 0.00% 79.00
【解説】
主に蜂窩織炎(蜂巣炎)や帯状疱疹の症例を多く治療しております。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200xx99xxxx 前立腺肥大症等 手術なし 75 2.28 6.32 0.00% 71.45
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 58 3.05 2.49 0.00% 70.98
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 50 7.22 7.07 0.00% 74.82
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 副傷病なし 39 10.90 5.61 30.77% 65.79
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 副傷病なし 20 9.55 4.22 30.00% 76.90
【解説】
主に膀胱癌、尿管結石の手術を多く行っております。

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 32 13.41 18.84 6.25% 70.34
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 29 4.07 3.34 0.00% 72.28
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 13.00 20.84 0.00% 79.73
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 10 8.90 14.62 10.00% 68.00
040140xx99xxxx 気道出血(その他) 手術なし 3.63 8.18 0.00% 64.50
【解説】
間質性肺炎や、肺癌関連の症例を多く治療しております。

腎臓内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 101 10.67 11.67 5.94% 63.65
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2-1あり 42 38.00 36.04 9.52% 63.95
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 35 13.43 12.58 11.43% 66.14
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 32 7.72 7.00 0.00% 51.00
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 17.13 20.84 10.00% 82.77
【解説】
慢性腎不全に対する血液透析療法を中心に、幅広い疾患やさまざまな血液浄化療法を行っております。
また、救急救命医療としてエンドトキシン吸着療法も積極的に行っております。

血液内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2-2あり 80 41.36 39.36 3.75% 66.84
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 41 24.12 15.79 2.44% 71.90
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 23 59.78 31.30 0.00% 67.61
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 21 30.38 20.30 0.00% 72.67
130060xx97x00x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 15.80 15.22 0.00% 77.85
【解説】
貧血や、各種造血器疾患に対して免疫療法、化学療法、分子標的療法などを施行しております。

総合診療科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 152 23.63 20.84 21.05% 85.30
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 60 16.43 12.58 16.67% 76.83
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 35 3.57 5.01 0.00% 67.20
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 29 17.21 17.71 10.34% 85.07
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 25 18.84 16.13 36.00% 70.08
【解説】
総合診療科として様々な疾患に対応しております。
上位5症例には、誤嚥性肺炎、尿路感染、めまい、心不全、脳梗塞があり、
その中でも誤嚥性肺炎の治療を最も多く行っております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 53 20 14 25 18 1 8
大腸癌 19 43 42 37 37 1 8
乳癌 28 23 1 8
肺癌 47 10 25 55 15 1 8
肝癌 12 24 26 20 64 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【指標の説明】
5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの症例を、
初発のUICC病期分類別、および再発に分けて集計しております。
また、複数回入院された患者さんはそれぞれ集計をしております。

UICC病期分類とは、
①がん(原発巣)の大きさと進行具合(進展度)
②所属リンパ節への転移状況
③遠隔転移の有無
上記3つのカテゴリによって、各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の4病期(ステージ)に分類するものです。

がんの症例数を見ることで、病院がどの程度がん治療に積極的に治療をしているかを知ることができます。
また病期分類別にみることによって、その病院の診療の幅広さを知ることができます。

【解説】
当院は千葉県がん診療連携協力病院として、5つのがんに対する治療を積極的に幅広く治療しております。
(10件未満の症例数は-で表示しております)

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 8.13 42.56
中等症 63 19.17 78.94
重症 14 15.71 83.86
超重症 12 24.92 86.67
不明
【指標の説明】
市中肺炎とは、普段の生活の中でかかる肺炎であり、
市中肺炎ガイドラインによる重症度分類(A-DROPシステム)を用いて集計しております。
この指標ではインフルエンザウイルスなどのウイルスによる肺炎や、誤嚥性肺炎は集計対象外です。

<参考>A-DROP
A: 男性70歳以上、女性75歳以上
D: BUN 21dL以上または脱水あり
R: 酸素飽和度90%以下
O: 意識障害
P: 収縮期血圧90mmHg以下

【解説】
当院では、中等症の患者数が最も多く、全体の6割を占めております。
また、平均年齢が上がるほど重症化し、平均在院日数が長期化することを表しております。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 146 24.83 76.63 31.40%
その他 26 21.62 77.42 5.23%
【指標の説明】
この指標では発症日の違い(急性、慢性)による脳梗塞の転院率、入院期間の違いを示しております。
転院率は退院先が自宅、老健施設以外の患者さんの割合です。

【解説】
当院では、発症3日目以内の急性期脳梗塞の患者さんが全体の約85%を占めており、急性期治療が行われております。
また、当院は超急性期症例におけるt-PA治療にも対応しております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

消化器肝臓科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 92 1.09 7.45 0.00% 71.05
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 80 1.25 12.09 6.25% 76.83
K654 内視鏡的消化管止血術 57 1.95 11.75 3.51% 68.75
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 43 1.33 6.81 2.33% 73.79
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 34 3.18 2.74 5.88% 70.97
【解説】
内視鏡診断や治療を積極的に行い、手術も内視鏡的なものが上位を占めております。
また、肝細胞癌に対しては、血管塞栓術やラジオ波凝固術の治療を多数行っております。

循環器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 24 1.58 4.79 0.00% 71.75
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 15 1.53 1.80 0.00% 76.00
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 11 2.27 10.55 0.00% 80.64
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 0.67 18.78 0.00% 74.44
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 0.20 19.00 0.00% 68.00
【解説】
虚血性心疾患に対してのステント留置術が上位を占めており、
緊急でのカテーテル検査・カテーテル治療にも対応しております。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 105 1.62 6.34 2.86% 64.85
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 88 1.02 2.50 0.00% 69.07
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 65 1.71 4.54 0.00% 38.23
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 56 0.32 3.70 0.00% 38.63
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 39 5.13 4.59 2.56% 74.85
【解説】
内視鏡外科技術認定医の資格保持者が中心となり、ほぼすべての術式で腹腔鏡・胸腔鏡が導入されております。
進行度により内視鏡治療、開腹・開胸手術までのすべての領域を網羅しており、患者さんの希望にできるだけ沿えるよう、
様々な工夫のもと低侵襲手術が実施されております。
また、休日夜間を含め緊急手術の対応が可能であり、術前の日数も短縮しております。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 50 3.32 18.96 56.00% 84.56
K0811 人工骨頭挿入術(股) 44 4.05 19.11 70.45% 82.61
K0463 骨折観血的手術(膝蓋骨) 17 2.47 11.29 23.53% 60.41
K0462 骨折観血的手術(前腕) 16 1.94 5.13 12.50% 57.56
K0732 関節内骨折観血的手術(手) 1.00 1.75 0.00% 55.75
【解説】
主に股関節・大腿近位の骨折に対して、手術症例を多く行っております。

形成外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 21 0.00 1.00 0.00% 76.90
K333 鼻骨骨折整復固定術 1.00 1.00 0.00% 26.50
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) 0.00 1.00 0.00% 67.00
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 0.25 4.25 0.00% 65.00
K0064 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12cm以上) 1.00 3.00 0.00% 58.50
【解説】
眼瞼下垂症に対する手術症例が最も多く、1泊2日ほどの入院となります。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 26 0.73 13.58 7.69% 77.73
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 0.50 44.75 62.50% 69.63
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 5.57 22.29 14.29% 62.86
K1781 脳血管内手術(1箇所) 1.17 41.83 33.33% 57.83
K1783 脳血管内手術(脳血管内ステント) 1.00 3.00 0.00% 70.00
【解説】
慢性硬膜下血腫洗浄・除去術は平均術前日数1日未満で行われており、
その他にも脳動脈瘤に対するクリッピング術や脳血管内手術を行っております。

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 50 0.00 0.94 0.00% 66.30
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 32 5.81 15.75 9.38% 70.31
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 27 3.56 12.22 11.11% 77.19
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 20 0.05 0.15 5.00% 68.25
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 17 5.94 23.24 35.29% 70.00
【解説】
冠動脈疾患、心臓弁膜症、胸部腹部大動脈瘤、末梢血管疾患を含むすべての手術に対応しております。
冠動脈バイパス手術では、全症例の99%でオフポンプを実施しております。
心臓弁膜症は、胸骨正中切開をせず、手術創の小さいMICS(低侵襲心臓手術)も可能です。
また胸部腹部大動脈瘤は開胸、開腹手術に比べ侵襲度が低いステントグラフト治療にも積極的に取り組んでおります。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 249 0.00 1.61 0.00% 76.37
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 11 0.18 6.18 0.00% 66.91
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(縫着レンズ挿入) 0.25 1.50 0.00% 68.50
K279 硝子体切除術 0.00 1.50 0.00% 85.50
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 2.00 1.00 0.00% 74.00
【解説】
白内障に対する水晶体再建術が最も多く、患者負担を減らし、患者さんを第一にきめ細かい診療を提供しております。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 42 1.05 4.71 0.00% 74.38
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 37 2.73 6.89 27.03% 65.73
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 22 1.86 8.50 31.82% 77.82
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 13 1.00 5.23 0.00% 72.38
K783-3 経尿道的尿管ステント抜去術 2.13 8.38 37.50% 75.63
【解説】
経尿道的手術を多く実施しています。
また、HoLEPを用いたレーザーによる前立腺切除術も行っております。

腎臓内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 74 10.16 24.77 6.76% 63.07
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 61 1.00 2.59 0.00% 69.26
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 12 19.00 36.75 0.00% 69.42
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 7.00 18.71 0.00% 83.86
K654 内視鏡的消化管止血術 14.50 17.33 16.67% 80.83
【解説】
血液浄化療法に関連する手術が上位となっており、他科と連携して手術治療を行っております。
また、腎不全に移行した患者さんに対して、重篤な状態に陥る前に血液浄化療法を行い、
社会復帰が早期に可能になるよう努めております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 3 0.04%
異なる 8 0.11%
180010 敗血症 同一 26 0.37%
異なる 32 0.45%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる 1 0.01%
180040 手術・処置等の合併症 同一 154 2.19%
異なる 8 0.11%
【指標の説明】
当院では、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い治療を行っております。
上記の指標は、医療の質向上の為に、臨床上ゼロとはなりえませんが、
少しでも改善すべきものとして定義される傷病名の症例数及び発生率になります。
入院のきっかけとなった病名を「入院契機病名」といいます。
入院契機病名と、入院中に最も医療資源を投入した病名が同じ場合を「同一」とします。
上記傷病名について、それぞれの症例数を、全退院数の7,046で割った値が、発生率になっております。



更新履歴

病院情報