重要なお知らせ

メンズドック
【前立腺がん・男性の更年期障害】

近年、日本人の前立腺がんが増加しており、その背景には食生活の欧米化と高齢化があると言われています。2017年のがん統計では日本人男性がかかる部位別がん第1位となっており、特に65歳以上の方に多いがんですが、最近は50歳代の患者さんも目立ち始めています。

早期発見ができれば手術等の治療で治癒することが可能ですが、早期の段階ではほとんど自覚症状がありません。そのため、日本泌尿器科学会では40歳以上の方へ前立腺ドックを受けることが推奨されています。

日本人男性のがん罹患者数の推移

令和3年5月 前立腺ドック改め【 メンズドック 】を大幅リニューアルしました

従来のPSA検査に加え、下腹部エコーや前立腺MRIなどの検査項目を追加いたしました。

少しでも気になることがあれば、まずはドックでチェックしてみましょう。

検査項目・料金

検査項目 検査料金(税込)
コース① PSA検査、前立腺MRI、下腹部エコー、残尿エコー、後日医師による結果説明 23,000円
コース② PSA検査、前立腺MRI 18,300円
コース③ PSA検査、下腹部エコー、残尿エコー 6,300円
男性の更年期障害検査コース PSA検査、テストステロン検査   4,300円
テストステロン検査(採血) 3,300円
PSA検査(採血) 1,500円

検査内容

 
PSA検査 前立腺の病気を調べる血液検査です。
前立腺MRI 前立腺の形態を詳しく把握することができます。PSA検査と組み合わせることで、より正確に前立腺がんの可能性を調べることが出来ます。前立腺がんと診断された場合は病気診断にも役立ちます。また、前立腺がんのみならず、前立腺肥大症の場合でも形態を詳しく把握することで治療にも役立ちます。
下腹部エコー・残尿エコー 腎臓、前立腺などの排尿に関する臓器全般の形態を把握することができます。前立腺は大きさだけでなく、形態もわかるのでより詳しい状態を把握することができます。腎臓がんなど症状や血液マーカーのない腫瘍の早期発見に役立つことができます。また、残尿測定など排尿障害の定量的変化も調べることができます。
テストステロン検査 血液中の遊離テストステロン量を調べる検査です。※午前10時までに採血が必要です。

予約方法 事前予約制

メンズドック受付窓口

047-345-1111(代表)

メンズドックのご案内(PDF)男性の更年期障害検査コースご案内(PDF)

健診・人間ドック