呼吸器外科

肺がん・転移性肺腫瘍・縦隔腫瘍・胸壁腫瘍・胸膜腫瘍・気胸・膿胸・胸部外傷・呼吸器細胞診・胸部画像診断など、胸部の疾患を幅広く専門にしています。
当科では根治性を損なうことなく、安全で確実な手術術式を選択しています。基本的には胸腔鏡を併用して患者さんに負担の少ない低侵襲手術を実施しています。

胸部画像診断も専門としておりますので、各種の胸部異常陰影に対する精査・診断も可能です。
呼吸器内科・呼吸器病理の専門医と密接に連携し、正確な診断の下、個々の患者さんにとって最も適切な治療方法を選択の上、実践いたします。
胸部外傷に対する緊急手術にも対応しています。
当科では手術後の患者さんの早期回復に関しても重要視しているため、リハビリテーション室のメンバーと協力して、積極的な周術期リハビリテーションにも力を入れています。

救急患者さんは外来診療日に関わらず、手術日・夜間・休日も診察いたします。

主な疾患

  • 原発性肺がん
  • 転移性肺腫瘍
  • 悪性胸膜中皮種
  • 肺良性腫瘍
  • 縦隔腫瘍
  • 胸壁腫瘍、胸膜腫瘍
  • 気胸(自然気胸、続発性気胸)
  • 膿胸、肺膿瘍
  • 肺感染症に対する外科治療(肺結核、非結核性抗酸菌症、肺真菌症 など)
  • 胸部外傷
  • 難治性胸水
  • 肺気腫、間質性肺炎など、びまん性肺疾患の診断・治療
  • 胸部異常陰影に対する精査・診断

当院で行える手術・治療方法

  • 胸腔鏡下気胸根治手術
  • 胸腔鏡を併用した肺悪性腫瘍に対する手術
    (標準術式である完全胸腔鏡下胸腔下肺葉切除、胸腔鏡補助下肺葉切除+リンパ節郭清術、呼吸機能温存を目的とした区域切除などの積極的縮小手術)
  • 進行肺がんに対する拡大手術(心臓血管外科と協力しての拡大手術も実践しています)
  • 縦隔腫瘍に対する手術(胸腔鏡手術から囲組織合併切除を要する拡大手術まで実施可能です)
  • 膿胸および血胸に対する手術(胸腔ドレナージ・掻把、開窓術など)
  • 胸部外傷に対する緊急手術
  • 肺気腫に対する肺容量減量手術
  • その他(胸腔鏡下肺/リンパ節生検、胸壁/胸膜腫瘍に対する手術、悪性胸水に対する胸膜癒着術)
  • 胸部異常陰影の精査/診断/治療方針の決定

休診代診

現在、予定されている休診はありません。

担当医表

夜間・休日診療のご案内

呼吸器外科

急遽、担当医が変わる場合がございますのでご了承ください。

女性医師

▼ この表は横にスワイプ(スライド)できます

午前

都島 由紀雄

伊藤 祥隆

診療10:00から

午後

都島 由紀雄

都島 由紀雄

伊藤 祥隆

所属医師

副院長、外科統括部長
都島 由紀雄

呼吸器外科

呼吸器外科担当の副院長・外科統括部長・呼吸器外科部長の都島由紀雄と申します。

呼吸器外科領域に関しては術者として1700件以上の執刀経験があり、原発性肺癌・転移性肺腫瘍・縦隔腫瘍・気胸・血胸・膿胸・胸部外傷など、多岐に亘る呼吸器外科領域の手術が可能です。

Zurich大学胸部外科のWalter Weder教授の御指導の下、肺移植フェローとして実際に肺移植の現場に携わっていた経験もあります。 当院は平成29年4月に呼吸器外科を新規に開設し、御陰様で順調に軌道に乗ることが出来ましたので、2年間の呼吸器外科総手術件数は565症例(初年度243、2年次322症例)に達し、県内でも有数の手術症例数を誇る施設となっております。3年目に入る本年4月からは胸腔鏡手術のエキスパートでもある熟練の呼吸器外科専門医(伊藤祥隆医師)がさらに一名増えましたので、質も量もこれまで以上の高い診療が可能となる体制が整っております。 「個々の患者さんにとって最善の治療方法を追求し、最高の医療を実践するために全力を尽くす」を基本理念とし、診察の際には患者さんとその御家族とのコミュニケーションをとても大切にしています。

呼吸器外科領域の治療も標準的にはガイドラインに基づいて実施されますが、ガイドラインが全てではありません。自ら研鑽を積んできた豊富で貴重な臨床経験も大切に、個々の患者さんに応じて最善の治療方法を提案の上、優しく暖かく丁寧できめ細やかな治療を実施致します。
当院呼吸器外科の手術の方針に関して若干触れさせて頂きます。
近年、 内視鏡外科手術の普及とともに呼吸器外科領域でも胸腔鏡を用いた手術が一般的になっております。当院では画質の大変優れた4Kモニターの最新型の胸腔鏡を導入し、万全な体制で手術を行える環境となっています。当科では経験豊富な呼吸器外科専門医2名によって安全・確実な胸腔鏡手術を実践しています。創が小さい完全胸腔鏡下手術、胸腔鏡補助下の小開胸手術、開胸手術とあらゆる手術術式が可能です。肺癌根治のための手術はあくまで胸腔内の繊細な操作が重要であり、癌の完全切除と手術の安全性(短い手術時間、少ない出血量)を最優先とすることを腫瘍外科学の理念としておりますので、癌の進行の具合によって手術術式を選択致します。早期の肺癌に対しては完全胸腔鏡下手術(創3cm程度)、リンパ節郭清を必要とする肺癌に対しては胸腔鏡補助下手術(創7cm程度)、気管支形成術や肺動脈形成術を必要とする拡大手術の場合には開胸手術と、個々の患者さんにとって最適な手術術式を選択しています。当院で肺癌に対して一番多く選択されている胸腔鏡補助下の小開胸手術における術後の入院日数の最頻値は4日間であり、退院直後から社会復帰が可能なため、当院の呼吸器外科手術は十分に安全で確実な低侵襲手術であると考えています。

肺癌に対しては、標準的な胸腔鏡補助下肺葉切除、リンパ節郭清術・完全胸腔鏡下手術による早期肺癌に対する積極的縮小手術・進行肺癌に対する拡大手術など、積極的に取り組んでいます。
手術後の患者さんが早期に社会復帰できるように、周術期リハビリテーションに対しても積極的に取り組んでいます。 薬物療法の併用が必要な患者さんに対しては、腫瘍内科医・病理専門医と密接な連携をしての集学的治療も可能です。 当院で呼吸器外科手術受けられた患者さんは全員私が責任を持ってフォローいたします。

専門・得意分野 呼吸器外科全般、腫瘍外科学、呼吸器細胞診、気管支鏡

資格・所属学会 医学博士
日本外科学会認定医・専門医・指導医
日本呼吸器外科学会専門医・評議員
日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
日本移植学会移植認定医
日本臨床外科学会評議員
日本がん治療認定機構がん治療認定医
肺がんCT検診機構認定医
日本胸部外科学会正会員
欧州胸部外科学会正会員
世界肺癌学会正会員
初期臨床研修指導医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

伊藤 祥隆

呼吸器外科

専門・得意分野 呼吸器外科全般、胸腔鏡下手術
資格・所属学会 日本外科学会外科 認定医・専門医・指導医
呼吸器外科専門医合同委員会認定 呼吸器外科専門医・評議員
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡 専門医・指導医
肺がんCT検診認定機構肺がんCT検診 認定医師
日本がん治療認定医機構がん治療 認定医
ICD制度協議会インフェクションコントロ-ルドクタ-(ICD)
日本胸部外科学会正会員
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
日本臨床外科学会評議員
日本気胸・嚢胞性肺疾患学会評議員

診療実績

疾患別

2017年4月~2018年3月(初年度)

全243症例

疾患名 症例数
原発性肺がん 82
気胸 65
肺良性腫瘍 18
縦隔腫瘍 17
転移性肺腫瘍 11
膿胸/肺化膿症 11
胸膜/胸壁腫瘍 9
その他 30

2018年4月-2019年3月(2年次)

全322症例

疾患名 症例数
原発性肺がん 106
気胸 95
肺良性腫瘍 34
膿胸/肺化膿症 24
縦隔腫瘍 14
転移性肺腫瘍 10
胸膜/胸壁腫瘍 9
その他 30

術式別

2017年4月~2018年3月(初年度)

全243症例

     
術式 症例数
ブラ切除術 63
部分切除術 59
肺葉切除術 37
縦隔腫瘍切除術 18
肺区域切除術 12
胸腔ドレナージ・掻把・醸膿膜切除術 11
胸膜癒着術 7
胸膜/胸壁腫瘍切除術 10
気管切開術 6
気管支形成を伴う肺葉切除術 4
肺全摘術 3
胸管結節術 2
気管分岐部切除術を伴う肺葉切除術 1
気管管状切除術 1
胸腔鏡下心膜開窓術 1
その他 10

2018年4月~2019年3月(2年次)

全322症例

     
術式 症例数
ブラ切除術 94
部分切除術 74
肺葉切除術 50
胸腔ドレナージ・掻把・醸膿膜切除術 24
縦隔腫瘍切除術 14
気管切開術 11
肺区域切除術 10
胸膜/胸壁腫瘍切除術 9
気管支形成を伴う肺葉切除術 6
胸膜癒着術 6
肺全摘術 2
気管分岐部切除術を伴う肺葉切除術 1
胸管結紮術 1
その他 20

診療科案内