セカンドオピニオン

患者さんが医療を受けるときには、主治医だけの意見ではなく、第三者である医師の意見も聞いて判断したいと思われる場合もあると思います。当院では、このような患者さんに対して協力致します。 当院医師の意見を提供し、患者さん自らが治療法などの選択が出来るように、そして納得して治療が受けられるようにお手伝いを致します。
また当院を受診している患者さんが他院の医師の意見をお聞きになりたい場合は、診療情報の提供をさせていただきます。

当院へセカンドオピニオンを希望される方

他の医療機関で受けている診断や治療方針に関して患者さんの主治医からの情報をもとに、当院の意見を提供することを目的としております。

セカンドオピニオン外来では

完全予約制です。

  • 検査や治療は行わず、治療に関する相談のみとなります
  • 相談後は元の医療機関での診療となります

対象診療科

  • 内科
  • 循環器科
  • 外科
  • 消化器・肝臓内科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 形成外科
  • 眼科
  • 小児科
  • 泌尿器科

対象疾患が限定される診療科もございます。

お受けできない場合について

  • 現在の主治医からの相談に必要な資料(診療情報提供書・検査データ・レントゲンフィルムなど)をお持ちでない場合
  • 主治医に対する不満、医療過誤および裁判係争中に関する場合
  • 医療費の内容、医療給付に関する相談の場合
  • 最初から転院希望(転医希望)をされている場合
  • 死亡した患者さまを対象とする相談の場合
  • 主治医が了解していない場合
  • 相談内容が当科の専門外である場合
  • 相談中に上記事項に該当すると判断した場合

その他

  • 患者さん本人の相談を原則とします。
  • 患者さん本人が同席しない場合、患者さん本人の同意書が必要です。

患者さんが未成年の場合や、意識不明、重度の認知症などにより本人の同意が確認出来ない場合は、続柄を確認出来る書類が必要となります。

ご持参いただくもの

現在治療を受けている主治医からの診療情報提供書(紹介状)が必要になります。
また、ご相談内容により当院で指定した資料をご持参いただく場合もございます。

当院で指定した資料とは、超音波検査の結果と画像、MRI・CT検査フィルム、病理組織検査の報告書、病理標本、内視鏡検査の結果と画像などが該当します。

予約から診察まで

1

外来ならびに電話での問合わせ

2

医療連携室にて対応(申込書への記入依頼・相談内容の収集)

3

該当診療科医師へ相談

4

受診の可否と日時の決定

5

受診

料金(自費診療)

30分まで10,000 円(税別)
30分以上1時間まで20,000円(税別)

原則、相談時間は30分。延長を希望される場合は30分まで。

お問い合わせ

047-345-1111(内線 2115・2116)

新松戸中央総合病院 医療連携室

他医療機関へセカンドオピニオンを希望される方

当院は、患者さんやご家族が当院の診療報酬に関して、他の医療機関によるセカンドオピニオンを希望される場合、その実施を支援致します。現在、当院で治療中の患者さんで、他の医療機関医師にご自分の病気に関する治療方法などのご相談を希望される方は、遠慮なく主治医にご相談くだされば、診療上のデータを提供いたします。そのことで、以後の診療に問題が発生することはありません。

なお、診療上のデータ提供にあたりましては、診療情報提供料(保険診療)などを徴収させていただきます。

外来受診