循環器内科

当科は東京女子医大循環器内科と連携し、循環器専門医3名を含む5名の常勤医と6名の非常勤医で診療しており、内科学会認定教育病院および循環器専門医研修施設として、「高度な医療レベルと患者に優しい医療」をモットーとしております。心臓疾患や血管疾患はもとより動脈硬化に関連する種々の疾患に対して、患者さん一人ひとりに適した検査・治療をより侵襲の少ないかつ安全な方法で行っております。

主な対象疾患

  • 虚血性心疾患
    狭心症、心筋梗塞、急性冠症候群(ACS)〈急性心筋梗塞、不安定狭心症〉
  • 不整脈
    徐脈性不整脈(脈が遅い60/分以下)、頻拍性不整脈(脈が速い、100/分以上)など
  • 心不全
    弁膜症、心筋症、心筋炎、先天性心疾患、その他の原因によるポンプ不全
  • 血管疾患
    大動脈瘤、大動脈解離、大動脈炎症候群、末梢動脈疾患(PAD)、動脈硬化、静脈瘤、血栓性静脈炎、深部静脈血栓症、肺動脈血栓塞栓症(急性・慢性、いわゆるエコノミークラス症候群)
  • 高血圧
    2次性高血圧、難治性高血圧(睡眠時無呼吸症候群を含めた治療)、心肥大、肺高血圧症(原発性、2次性)、肺性心など
  • 心膜・心筋疾患
    心内膜炎、心膜炎(心外膜炎)、心筋炎、心筋症(特発性・2次性)
  • 自律神経関連の疾患
    神経調節性失神など

当院で行える検査・術式

手術

  • 経皮的冠動脈形成術(PCI)および冠動脈内ステント留置術
  • ペースメーカー植込み術
  • 経皮的末梢動脈およびシャント血管形成術(PTA)
  • 下大静脈(IVC)フィルター留置術(および抜去術)
  • PCPS(経皮的心肺補助)
  • IABP(大動脈内バルーンパンピング)

検査

  • MRI検査(1.5テスラ)
    特殊装置32チャンネルコイルを使用し、放射線被爆なし・造影剤なしで心臓・血管検査が可能、ほか心筋梗塞・狭心症の有無も検査可能
  • 64列CT検査
    造影剤を使用し、冠動脈狭窄の有無(狭心症の評価)を検査します。
  • 血管撮影装置
    心臓カテーテル検査、四肢血管造影検査、ペースメーカー手術など
  • 心臓超音波検査(心エコー)〈PHILIPS社製の最新機種(iE33)ほか〉
  • 心電図、トレッドミル運動負荷心電図、ホルター心電図、24時間血圧計など
  • PWV/ABI(血圧脈波検査)、FMD(血流依存性血管拡張反応)
    早期の動脈硬化を検出
  • 睡眠時無呼吸検査
    簡易検査、精密検査(終夜睡眠ポリグラフィー検査〈PSG〉)

休診代診

現在、予定されている休診はありません。

担当医表

夜間・休日診療のご案内

循環器内科

急遽、担当医が変わる場合がございますのでご了承ください。

女性医師

▼ この表は横にスワイプ(スライド)できます

午前

文 在峰

第2週予約のみ

加藤 丈二

円城寺 由久

鈴木 啓介

岡山 大

文 在峰

山本 篤志

伊部 謙吾

加藤 丈二

午後

加藤 丈二

加藤 丈二

坂井 政之

鈴木 啓介

癸生川 恵一

岡山 大

山本 篤志

再診受付16:30まで

所属医師

循環器内科部長
加藤 丈二

循環器内科

専門・得意分野 循環器全般
虚血性心疾患
心不全
睡眠時無呼吸症候群
カテーテル治療
資格・所属学会 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本心血管インターベーション治療学会専門医

文 在峰

循環器内科

専門・得意分野 循環器全般
資格・所属学会 日本内科学会

診療科案内