大腸肛門外科

当院は日本大腸肛門病認定施設です。当科においては主に大腸・肛門の病気の診断と治療を行っています。手術は大腸癌などの大腸疾患のみならず内痔核、外痔核、痔瘻、直腸脱、裂肛などの肛門疾患に対しても行っています。大腸癌手術では、積極的に腹腔鏡手術を施行しています。難易度の高い下部直腸癌に対しても進行度のあまり高くない症例に対しては腹腔鏡手術を行っています。2016年は全大腸癌症例の約60%に対し腹腔鏡手術を行いました。当院は3名の日本内視鏡学会技術認定医(松尾院長、福沢外科部長、大谷部長)を擁し、安全で質の高い腹腔鏡手術を提供しています。

肛門疾患手術は大腸肛門病学会専門医・指導医(大谷部長)を中心に兒玉医院と提携し、同院小田晃弘医師と行っています.内痔核に対しては「切らない痔の手術」= ジオン注による痔核硬化療法(ALTA療法)を行う事も可能です.その他、絞扼性イレウス、大腸穿孔、急性虫垂炎などの緊急手術症例にも迅速に対応しています。

対象とする病気

  • 大腸がん
  • 大腸穿孔
  • 腸閉塞
  • 虫垂炎
  • 肛門疾患 など

ストーマ(人工肛門)ケア

下部直腸癌、結腸穿孔などでストーマ(人工肛門)を造設した場合は院内の皮膚排泄ケア認定看護師を中心に日常生活指導を行います。退院後もストーマ外来で継続的なケアを提供します。

化学療法(抗がん剤治療)

大腸癌に対する化学療法(抗がん剤治療)は当院消化器肝臓科のがん薬物療法専門医(遠藤消化器肝臓科主任部長)と密に連携し、患者さんにとって適切な治療法を選択しています。

終末期ケア

終末期の患者さんに対しては医療ソーシャルワーカーと連携し、在宅医療・ホスピスへの紹介のみでなく、介護保険・社会保障制度利用に関するご相談にも対応し最期まで生活の質を保つよう努めています。

休診代診

現在、予定されている休診はありません。

担当医表

夜間・休日診療のご案内

外科

急遽、担当医が変わる場合がございますのでご了承ください。

女性医師

▼ この表は横にスワイプ(スライド)できます

午前

松尾 亮太

鏡視下手術外来

名取 健

野田 大地

松尾 亮太

鏡視下手術外来

矢野 由希子

甲状腺外科

名取 健

三田 一仁

午後

松尾 亮太

ストーマ外来

名取 健

野田 大地

緩和

三田 一仁

鼠径ヘルニア外来

ストーマ外来

担当医

担当医表(PDF版のダウンロード)

所属医師

非常勤医
小田 晃弘

外科、大腸肛門外科

毎週木曜日、手術室にてご勤務されている兒玉医院の小田先生です。先生は消化器疾患を中心にご活躍されている消化器外科専門医です。兒玉医院で見つかった手術の必要な患者さんは当院にご紹介いただき、小田先生立会いのもとで手術をおこないます。
患者さんにとっては紹介元の先生が手術にも参加してくださることで安心感のある医療を受けることができます。その後の投薬などの通院はこれまでかかりつけだった兒玉医院でおこない、節目のCT、MRI検査などは当院で行うことができます。またそれ以外でも入院加療の必要な患者さんは当院にご紹介いただいており、連携して医療をおこなっています。

当院では地域の先生方と協力しながら、病診連携の密度を高めて、地域の皆様にに安心できる質の高い医療を提供しております。

医療法人社団東雲会 兒玉医院

専門・得意分野 消化管外科(大腸腹腔鏡手術)、肛門外科
資格・所属学会 日本外科学会 専門医
日本消化器外科学会 専門医・消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本大腸肛門病学会 認定専門医
日本プライマリケア連合学会 指導医・認定医
日本がん治療 認定医
インフェクションコントロールドクター

診療科案内