鏡視下手術外来

鏡視下手術専門外来を開設いたします。
腹腔鏡を用いた手術を専門に内視鏡外科技術認定医が診察、治療計画を行います。 日本では腹腔鏡手術は1990年代半ばより導入されるようになり、主として胆のう摘出術を中心に普及してきた技術です、傷も目立たず整容性に優れ、痛みも軽く、入院期間やその後の職場への復帰期間も短縮できることから患者さんにとって非常にメリットのある手術といえます。

対象疾患一覧

  • 胆嚢
  • 虫垂炎
  • 鼠径ヘルニア
  • 腸閉塞
  • 胃がん
  • 結腸がん
  • 直腸がん
  • 脾臓
  • 腎腫がん(泌尿器科と併診)

また、他院で腹腔鏡手術を勧められた場合のセカンドオピニオンにも対応します。自分の病気は腹腔鏡手術で対応できるのだろうか?という疑問にもお答えします。どうかご利用下さい。

診療時間〈月曜日〉9:00~
担当医師松尾院長

外科