重要なお知らせ

検査科

医師の診療の手助けとなる、患者さんのからだの状態を知るための臨床検査を主な業務としています。
臨床検査には、採取された血液や尿などの検体の成分を調べる「検体検査」と、心電図や脳波など機械を装着して、からだから直接調べる「生理機能検査」、からだの内部をカメラで観察する「内視鏡検査」などさまざまな方法があります。
臨床検査には病気の原因を見つけたり、治療の方針を決める指標になったり、治療の経過を確認する手助けにもなります。
当部署では検体検査部門、生理機能検査部門、および内視鏡検査部門の3部門に分かれて業務を行っております。また、外来採血と一部の病棟採血業務も行っており、すべての部門の技師が交代で取り組んでいます。

業務内容

検体検査部門

患者さんから採取した血液や尿検体などの状態や成分を調べたり、安全な輸血に関わる検査を行っています。

  • 生化学検査
  • 血液学検査
  • 免疫学検査
  • 一般検査
  • 輸血検査
  • 迅速病理検査 など

生理機能検査部門

検査装置をつかって、心臓、脳、肺などから直接情報を読み取ったり、超音波を使ってからだの中の臓器や血管の状態を観察する検査を行っています。

  • 心電図検査
  • 負荷心電図検査
  • ホルター心電図
  • 呼吸機能検査
  • 聴力検査
  • 心臓超音波検査
  • 脳波検査
  • 筋電図検査
  • 睡眠時無呼吸検査
  • PWV/ABI
  • FMD など

内視鏡部門

先端にカメラのついた細い管を口などから挿入して、からだの内部を観察や治療を行います。検査自体は医師が行い、検査科の技師はその介助をします。
胃カメラ・大腸カメラ・超音波内視鏡・気管支鏡・治療内視鏡・ESD(早期がん治療)などの介助

導入設備・機器・システム

検体検査部門

  • 臨床化学自動分析装置
  • 血液ガス分析装置
  • 血球計数分析装置
  • 血液凝固分析装置
  • 免疫血清検査装置
  • 全自動輸血検査装置
  • 尿定性検査装置
  • 尿沈渣分析装置 など

生理機能検査部門

  • 心電計
  • トレッドミル検査装置
  • ホルター心電計
  • 心電計システム
  • 呼吸機能検査装置
  • オージオメーター
  • ティンパノメトリ
  • 心臓超音波装置
  • 脳波計
  • 誘発電位・筋電図検査装置
  • PSG検査装置
  • SAS検査装置
  • 血圧脈波検査装置
  • 携帯型自動血圧計
  • FMD検査装置など

内視鏡部門

  • 上部内視鏡
  • 下部内視鏡
  • 側視鏡
  • 超音波内視鏡
  • 経鼻内視鏡
  • 気管支鏡
  • 高周波電流装置 など

部署データ

関連する職種 臨床検査技師
男女比 計35人(男性 11人、女性 24人)

採用情報

部門紹介